本文へスキップ

教育セミナーSeminar

第5回教育セミナーの開催について

日本栄養療法推進協議会では、平成25年11月1日の法人設立後、かねてからの事業目的でありました教育事業として教育セミナーを実施しております。2014年11月29日(土)東京にて第1回、2015年11月29日(日)大阪にて第2回、2016年8月6日(土)東京にて第3回、2017年8月5日(土)大阪にて第4回を開催いたしました。
本セミナーの受講はNST稼働施設認定更新の必須条件となっております。
また、セミナーは年1回の開催(開催地については、東京・大阪の予定)を予定しております。

プログラム〔 8月4日(土) 9:50〜17:10 〕

9:50〜

開会の辞  大柳 治正(JCNT理事長)

セッション1:日本外科代謝栄養学会  司会 福島 亮治(帝京大学)

10:00〜11:00

1.地域包括ケアと在宅栄養
小山 諭(新潟大学)

11:00〜12:00

2.周術期管理の工夫
佐藤 弘(埼玉医科大学)

〔 昼休憩 12:00〜13:00 〕

セッション2:(一社)日本静脈経腸栄養学会・(一社)日本病態栄養学会  司会 和佐 勝史(大阪大学)

13:00〜14:00

3.診療報酬改正と栄養材の形状機能
飯島 正平(大阪国際がんセンター)

14:00〜14:30

4.高齢化社会におけるメタボ及び検査値基準値の過大評価の問題点
松崎 松平(東海大学医学部付属東京病院)

14:30〜15:00 5.肥満・糖尿病・脂肪肝からサルコぺニア(サル)とフレイリティー(フラ)への
変遷時代における生活と栄養面の再考
白石 光一(東海大学医学部付属東京病院)

〔 休憩 15:00〜15:10 〕

セッション3:シンポジウムセッション  司会 東口 志(藤田保健衛生大学)

15:10〜15:40

6.NSTの医師に期待される役割
鷲澤 尚宏(東邦大学医療センター大森病院)

15:40〜16:10 7.看護師がやるべき栄養看護
野田 さおり(KKR高松病院)
16:10〜16:40 8.NSTを支援する薬剤師の役割
大石 雅子(大阪大学大学院)
16:40〜17:10

9.NSTの充実に向けた取り組み−管理栄養士の役割
伊藤 明美(藤田保健衛生大学)

閉会の辞  和佐 勝史(JCNT教育担当理事)


開 催 概 要


主 催   : (一財)日本栄養療法推進協議会
共 催
(予定)  :
(一社)日本静脈経腸栄養学会,(一社)日本病態栄養学会、 日本外科代謝栄養学会
後 援
(予定)  :
(公社)日本医師会、(一社)日本病院薬剤師会、 (一社)日本臨床衛生検査技師会、(公社)日本栄養士会、 (公社)日本看護協会
日 時
(予定)  :
2018(平成30)年8月4日(土) 9:50〜17:10
会 場   : 大田区産業プラザPiO
〒144-0035 東京都大田区南蒲田1丁目20−20
https://www.pio-ota.net/
○受付開始
(予定):
9:00〜
○参加資格 : JCNT NST稼働認定施設の施設長(病院長)か施設長が任じる者、もしくはNSTチーム責任者またはそれに準ずる者
○定 員
(予定)  :
300名(事前申込先着順)
○参加費
(予定)  :
20,000円(テキスト代含)【事前振込】

お申し込み


申込受付期間:2018年6月15日(金)10:00〜2018年7月27日(金)17:00
定員:300名(申込者が定員に達した時点で終了とさせていただきます。)
必ず参加者ご本人の名義でお申込下さい。
振込期限:2018年7月27日(金)
期日までにご入金の確認ができない場合は自動的にキャンセル扱いとさせていただきます。
参加登録受付は学会支援機構のオンライン参加登録システム(SSL接続)を使用しています。

  • toroku
  • 【 問い合わせ先 】
    〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4階 (一社)学会支援機構内
    (一財)日本栄養療法推進協議会 教育セミナー事務局
    FAX:03-5981-6012/E-mail:jcnt@asas-mail.jp

事務局

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
小石川アーバン4階
一般社団法人 学会支援機構内

TEL 03-5981-6014
FAX 03-5981-6012
MAIL jcnt@asas-mail.jp