本文へスキップ

設立趣旨Establishment

全ての治療法の根幹をなす最も基本的な患者ケアの一つ

 「栄養療法は、全ての治療法の根幹をなす最も基本的な患者ケアの一つである」という認識が、現在急速に医療従事者間に広がりつつあります。それは、エビデンス(根拠となる証拠)として臨床に応用されつつあります。

 そうした中、近年注目を集め、全国各地の医療機関で急速に設立されつつあるのが、「NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)」です。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、検査技師など多くの専門職種からなるNSTは、栄養療法の推進や臨床栄養の適正化の立場から患者様へのチーム医療を目指すものです。個別の患者様に応じた最適な栄養療法の提供を行う上で、NSTはきわめて優れた手法であり、今後一層の普及が期待されています。

 ただ一方で、わが国では栄養管理の重要性が認識されるようになってから歴史が浅いために、これら各専門職への臨床栄養に関する教育も必ずしも十分とは言えず、また個々の医療機関が手探りの中でNSTのあるべき方向性を模索している状況があるというのも事実です。

 こうした現況を踏まえ、わが国独自の質の高いNST活動をより有機的に発展させ、適切な栄養療法を全国の医療機関・施設に推進・普及すべく、このたび第三者機関として「日本栄養療法推進協議会」を設立するに至りました。当協議会では適切な栄養管理の推進やNSTに関する認定業務等を通じて、各医療機関で提供される栄養療法の質を保障するとともに、NSTメンバーの知識や技術のさらなる向上、資材・素材の適正化を図り、医療の質向上に貢献したいと考えています。医療関係者各位をはじめ多くの皆様方のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。


資材・素材の適正化を図り、医療の質向上に貢献

 こうした現況を踏まえ、わが国独自の質の高いNST活動をより有機的に発展させ、適切な栄養療法を全国の医療機関・施設に推進・普及すべく、このたび第三者機関として「日本栄養療法推進協議会」を設立するに至りました。当協議会では適切な栄養管理の推進やNSTに関する認定業務等を通じて、各医療機関で提供される栄養療法の質を保障するとともに、NSTメンバーの知識や技術のさらなる向上、資材・素材の適正化を図り、医療の質向上に貢献したいと考えています。医療関係者各位をはじめ多くの皆様方のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

事務局

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
小石川アーバン4階
一般社団法人 学会支援機構内

TEL 03-5981-6014
FAX 03-5981-6012
MAIL jcnt@asas.or.jp